【2】アウガルテン編の概要

かりこ
かりこ

前回からいよいよ本格的にスタートしたアウガルテン編だけど、マンガにできるほど語れる内容ってあるの??

オーストリアの食器ブランドでハプスブルク家と関係があるブランドという認識しかないんだけれど。

まみこ
まみこ

そう思うかもしれないけれど、ハプスブルク家が関わっていたのは、アウガルテンのブランドヒストリーの中ではたった一部の時代なんだよ。

かりこ
かりこ

え!?どういこと??

早速マンガを見てみるわ!!

かりこ
かりこ

え~なんか思っていたよりも内容が濃そうな感じね。

5つの時代を経て今のアウガルテンがあるなんて全然知らなかった!

あと、一時期閉窯していたとか…。

まみこ
まみこ

確かに、日本ではマイナーなブランドだからね。

5つの時代の名称を見てわかるように、以前やった美術様式がバンバン出てくるんだよ。何で美術様式編をしてたのかというと、中級のこのブランド編でこれらの知識が大活躍するからなんだ。

かりこ
かりこ

うう。前回はドイツの歴史編を見返したけれど、今度は美術様式編も復習しておきます。

まみこ
まみこ

次回の記事更新までにはしっかり復習してね。

ガンバレ!かりこちゃん。