【8】キラキラの新古典主義!?

かりこ
かりこ

きらきらの新古典主義⁉

いきなり凄いタイトルね…。

一体どういうことなのかしら??

まみこ
まみこ

ロココの時代から新古典主義の時代へと美術様式が変わっていったよね。

和食器は誰が作ったのか作者で金額が変わるけれど、洋食器はどれだけ豪華に作ったかが値段に関係するんだ。

つまり、洋食器は装飾の量や絵の書き込みが増えれば増えるほど金額が高くなるんだ。

シンプルな絵柄の新古典主義だと食器の単価が安くてお金儲けができない!!

シンプルな模様の新古典主義を豪華にする工夫はどういうものだったのか!?

かりこ
かりこ

なるほど!

タイトルのキラキラって…本当に食器を金ピカにしちゃったんだね!!


まみこ
まみこ

グロリエットというシリーズがこの時代のものなんだ。

新古典主義は古代ローマ時代の復活ということで、ここでも神話に出てくるグリフィンを描いているんだ。

そして、金ピカ。

現在アウガルテンで取り扱ってる新古典主義+金ピカは大体この時代のデザインなんだよ。

かりこ
かりこ

確かに金ピカ…。

思っていたより大胆な金だわね…。

【2】アウガルテン編の概要より
まみこ
まみこ

【2】アウガルテン編の概要で

油で溶かした金を使い、金がはがれにくい

という特徴を話したけれど、金ピカの食器を作っていたように金には他ブランドと違いちょっとしたこだわりがあるんだ。

さあ、次回はこの黄金時代もナポレオン登場でどうなっちゃうのか!?

次回もお楽しみにね。