【14】ハプスブルク家の歴史 16世紀後半 フェリペ2世

スペインハプスブルク家 黄金時代のフェリペ2世

https://mami-net.com/wp-content/uploads/2020/01/f4e0cc019d1e6d50f1eebc4289222f61.jpg
まみこ

16世紀後半は大航海時代の真っただ中

スペインがどんどん新大陸を植民地化していった時代だよ

フェリペ2世が統治していたスペインの時代は、新大陸を手に入れ奴隷による労働で巨額の富を得て最盛期を迎えます。

ついに、1580年にポルトガルも併合し、スペインは太陽の沈まぬ帝国となりました。

https://mami-net.com/wp-content/uploads/2020/01/f4e0cc019d1e6d50f1eebc4289222f61.jpg
まみこ

でも実は、このままフェリペ2世は絶好調!!

というわけではないのです…。

気になる内容は4コママンガで

【4コママンガ】スペインハプスブルク家 フェリペ2世

スペイン無敵艦隊がイギリスに敗れる

https://mami-net.com/wp-content/uploads/2020/01/aab245c660d7f6cfece64715f04df7dd.png
かりこ

前半だけ見ると、めちゃくちゃ絶好調のスペインだったけれど…。

結局イギリスに敗れちゃったのね…

https://mami-net.com/wp-content/uploads/2020/01/f4e0cc019d1e6d50f1eebc4289222f61.jpg
まみこ

イギリスのエリザベス1世がすごく有名だから、彼女の異母姉の血まみれメアリや、フェリペ2世は敵として登場することが多いんだよね。

https://mami-net.com/wp-content/uploads/2020/01/fac8a0bc4369c412b44bfcd1d90abb60.jpg
かりこ

いや、普通に敵でしょう!!

新大陸の人を奴隷労働でお金稼ぎしたり、異教徒を夫婦で処刑したり!!

スペイン黄金時代といっても、こんな悪逆非道な行いしていたなんて知らなかったわ

血まみれメアリについて
ブラッディーマリー

血まみれメアリ(Bloody Mary)からできたカクテルがあります。

その名もブラッディーマリー

300人の異教徒を処刑した彼女に由来した飲み物で、血を連想するトマトジュースをベースにタバスコやコショウのスパイスを入れた飲み物です。

ハプスブルク家はマリアテレジアの人道的で優しさあふれる人物もいれば、フェリペ2世のように私利私欲のためには、人の命は何とも思わない人までいるんですね。

https://mami-net.com/wp-content/uploads/2020/01/f4e0cc019d1e6d50f1eebc4289222f61.jpg
まみこ

次は、スペインハプスブルク家をちゃちゃっと説明するよ。

近親婚一族となったハプスブルク家…。

すごい家系図になっているので覚悟して次回は見てね!!