【7】ヘレンドとモール・フィッシャー

まみこ
まみこ

ヘレンドは以外にも創業当時は陶器を作っていたんだ。

現在作っている磁器とは全然違うから驚きだよね。

 

なぜ現在は高級な磁器を作るようになったのか!?それにはモール・フィッシャーという人物が関係しているよ。

彼の正体とは‥早速マンガをみてみよう。

かりこ
かりこ

ユダヤ人というだけでビジネスセンスを感じてしまったけれど、全然ダメじゃん!!

 もうこの時期になると磁器の製法や技術はある程度確立しているから新規参入は難しくなっていたんだね。

まみこ
まみこ

そういうこと。

マイセンのように試行錯誤しながら新しいものを作るのでないから、開発研究の労力入らないんだけれど、その分ライバルも多かったんだ。

かりこ
かりこ

かといって、陶器を作り続けていても大儲けはできないのよね…。

 

ああ、悩ましい。

 

1コマ目に受賞作戦とあるけれど、この意味がよくわからないわ。きっとこのピンチを脱出した方法なのよね。

 

次回を楽しみにしよっと♪