【11】無理難題にチャレンジ⁉

かりこ
かりこ

驚きの注文内容だけれど、本当にこのリクエストにこたえることができるの!?

めちゃくちゃ不安になってきたんだけれど…。

まみこ
まみこ

当時まだ磁器作りの経験値が浅かったヘレンドがいきなり超大手のマイセンのデザインを作るということになったから、そりゃ大変だったと思うよ。

 

本当に無理難題。

でも、こういう自分の能力以上の依頼をこなすことっていうのは実は成長にとても必要なことなんだよ。

さあ、早速マンガを見てみよう

かりこ
かりこ

なんか実感すっごくこもってるわね。

上手に磁器が作れるからマイセンレベルも作れるよね。

っていう感じなんだろうけれど・・・・。

まみこ
まみこ

そうそう、私も

マンガ描いているからイラストも描けるよね

という感じで依頼をしてくれたのだろうけれど、キャラクターイラストはまた違うんだよ。

 

キャラクターを並べた時に同じ等身大にしないといけないから、今まで適当に等身を描いていた自分を恨んだし。

立ちポーズが下手くそでデッサンを練習して筋肉や骨格をイチから学びなおしたり、ポーズ集を買ったり…。

 

マンガなんて動き中心だから静止したカッコイイ決めポーズなんて描く必要なかったんだと、改めてイラストとマンガの違いを実感したよ。

かりこ
かりこ

え~。そうなんだ。

 

でも、逆にこのイラスト依頼があったおかげで一から作画を見直すきっかけになったからいいことじゃないの。

あまりこのマンガは見た目全然変わらないけれど…。

まみこ
まみこ

いや、この練習のおかげでイラストの描ける範囲が広がったから、描くスピードが上がったんだよ。

特に第三者からの依頼というのは自分で練習するよりもはるかにプレッシャーがかかるから真剣度が違うしね。

 

お金をもらう以上は絶対に相手の要求レベルに自分の能力をもっていかないといけないから、必死でレベルアップしようと頑張るんだ。

 

きっとヘレンドもマイセンのレベルになろうと必死だったと思うよ。

かりこ
かりこ

なるほど。この無理難題のおかげでヘレンドの実力がすっごく上がったのが分かった気がする!!

 

次回のマンガも楽しみだわ