【17】ヘレンド インドの華誕生

まみこ
まみこ

ヘレンドの快進撃が続く中、ハプスブルク家の本家オーストリアのウィーン磁器工房は経営難で閉窯。デザインをヘレンドが受け継いだんだ。

 

ウィーン磁器工房の意志を引き継いで、ヘレンドは現在にも残る代表作品インドの華を作るよ!

 

早速マンガを見てみよう

かりこ
かりこ

懐かしい話がどんどん出てくるわね。

アウガルテン編やドイツ編をバラバラにしていたけれど、時代はドイツ統一時代なのね。

まみこ
まみこ

この時代は

  • 国内:明治維新(トップが将軍から天皇へ)
  • ヨーロッパ:普仏戦争(バラバラのドイツ統一)

といったように、国の体制が一気に変わる時代なんだ。

 

日本では鎌倉時代から続いていた将軍が支配する幕府制度が消え、ドイツではバラバラの小国の集まりから、トップが支配する形に変化したよ。

 

また普仏戦争で勝利したドイツを日本の新政府は新しい国づくりのお手本にしたんだよ。

かりこ
かりこ

なるほど。遠い国同士だけれど影響受けてたと思うと不思議ね。

 

それにしても、こんな普仏戦争があったのにナポレオン3世の奥さんは食器をお買い上げって…。この時代なんだかよく分からないわね。

まみこ
まみこ

まあ、国が戦争するといっても全員が全員戦争ムードじゃない時もあるしね。戦争がある度に産業や娯楽文化が全部停止していたら大変なことになるからね。

 

今度もどんな食器シリーズが出てくるかな

次回もお楽しみにね!