【21】ヘレンド編最終回

まみこ
まみこ

ヘレンド編も今回で最終回!

今まで見てくれてありがとうね。

さて、ヘレンドの食器の特徴は東洋混合様式とあともう一つ見ていくよ。

かりこ
かりこ

ドイツは職人のマイスター制度を採用しているのはよく聞くけれど、ハンガリーでも職人制度がこのようにちゃんとあるなんて…。

まみこ
まみこ

日本の和食器は贔屓の個人作家のお皿を買うことはあるよね。

かりこ
かりこ

なるほどね。

洋食器では聞かないのは文化の違いだけれど、和食器では職人の手作り食器を手にする機会が多いかも!

 

当たり前すぎてちょっと感動が薄れていたけれど、改めて日本の食器の職人魂も感じたわ。

まみこ
まみこ

もちろん大量生産が悪というわけではないんだけれど、生産を海外でしてたり、機械化しているところと比べると、手作りを大切にするヘレンドは貴重な存在だよ。

 

さて、次回はイタリアの国の磁器に注目するね

お楽しみに!

次回はイタリアの歴史編【1】イタリアの歴史編スタート